野球選手権石川大会で金沢西高校の柳橋選手が完全試合




僕は石川県に住んでいます。

その石川県で一人の高校生が全国から注目されています。

その高校生の名は「柳橋巧人

金沢西高校に通う高校3年生。

注目されるようになったのは、全国高等学校野球選手石川大会で完全試合を達成したからだ。

打者27人に対して106球を投げて、13奪三振。

素晴らしい成績。

石川県高野連によれば、石川県大会で完全試合は記録が残っている1946年以降では初めて。

驚くのはこれだけでない。

次の試合でも無四球完封をやってみせた。

地方大会では高校の野球レベルの違いから、完全試合に近い試合や大量得点差が起こりやすい。

一度の完全試合ならチームのレベル差が原因かもしれないけど、次の試合でも無四球完封であれば実力を認めざるを得ない。

石川県大会の注目の的になるだろう。

柳橋巧人のプロフィール

  • 名前:柳橋巧人
  • 身長:177センチ
  • 体重:75kg
  • 利き腕:右

無名選手のためスカウトからの注目はないので、ドラフト候補でもなかった。

この完全試合をきっかけに、全国のスカウトマンから注目をあつめることになるだろう

金沢西高校について

http://cms1.ishikawa-c.ed.jp/~nishih/NC2/htdocs/index.php?page_id=0

金沢西高校は石川県金沢市にある公立高校である。

成績も並といったところだ。

石川県民からすると、中学校時代に平均点を取る生徒が行く高校。

進学率も高い。

立地は石川県庁に近い金沢西部にある。

このエリアは、宅地を開発を行っているため新しい家が多く生活がし易く人気の場所。

金沢駅から自転車で通う生徒やバスで通う生徒が多い。

 

甲子園の出場経験はなく、これまでの石川大会の成績は、

2008年春季県大会、2011年春季県大会を優勝。

2003年春季県大会、2006年春季県大会を準優勝。

2008年選手権大会をベスト4

北信越大会に4回出場し、ベスト8を3回と言った成績。

 

まとめ

石川県では数年前に星稜高校の奇跡の大逆転もありました。

今年は金沢西高校の柳橋選手に注目が集まります。

これからの活躍に注目です。

関連記事:全国高等学校野球選手権石川大会の優勝予想。昨年王者の星稜が本命。

関連記事




企業からスカウトされる方法


求人企業からヘッドハントされて転職する人がいますが、ヘッドハンターはどうやってスカウトしているのでしょうか?

最新の手法はビズリーチのダイレクト・リクルーティングです。ビズリーチを使えば、あなたにもスカウトがやってくる可能性があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください