石川県で稼ぐなら不動産営業に転職。金沢で不動産がバカ売れ状態

石川県で稼ぐなら不動産営業に転職。金沢で不動産がバカ売れ状態




たくさんお金を稼げる職種は何でしょうか?

パッと思い受けべるのは、

  • 医者
  • 弁護士
  • 会計士
  • 外資系金融
  • 大手商社

こういった職業ではないでしょうか?

しかし、この職業に転職することはできませんよね?

 

医者になるためには医師免許が必要だし、弁護士になるためには司法試験に受かる必要がある。

外資系金融会社や大手商社は、そもそもエリートしか入社できない。

だいたい、石川県には年収1000万円を稼ぐことが出来る会社もないとはお話しました。

 

 

どうせ、転職しても年収は上がらないんだ。

安月給でこのまま定年まで過ごすんだ。

と諦めていませんか?

 

実は、石川県で年収を大幅に上げることが出来る職種があります。

 

それは、不動産営業です。

不動産営業は、住宅やマンションを売るという仕事。

金額にして4000万円以上。

高いものでは一億円を超える場合もあります。

 

 

そんな高いものなんて絶対売れない

ムリムリムリムリカタツムリ。

 

そうでもないんです。

石川県の金沢市においては、現在不動産が飛ぶように売れている現実があります。

え?一体なぜ?

 

と気になったかたは、ぜひ読んでみて下さい。

そして、不動産業界にチャレンジして下さい。



金沢で不動産が売れている理由

なぜ、石川県の金沢市で不動産がバカ売れなのでしょうか?

実は石川県では不動産を買いたいという需要が、不動産を売りたいという供給に対して圧倒的に大きくなっています。

需要>供給

この状態です。

 

マンションや住宅を買いたくても、売り物が無いから変えないという状態が続いています、

この状態が暫く続いているので、買いたい人は少しくらいなら値段を高くしてもOKという考えになってきます。

実際に、金沢市の地価は現在ドンドンあがっています

 

 

一体なぜ、金沢で不動産の需要が高まっているのでしょうか?

2015年に新幹線開業して、東京からのアクセスが便利になった

2015年に北陸新幹線が開業して早くも3年以上が経過しています。

金沢の観光地である近江町や兼六園、21世紀美術館には毎日たくさんの観光客を見かけるようになりましたね。

 

武蔵ヶ辻から片町のとおりには、工事中の建物がたくさん見かけます。

これらはすべて観光客用のホテルです。

北陸新幹線が開業して以来、金沢はものすごいスピードで開発されています。

環状道路周辺の宅地開発

「住みよさランキング」でかほく市が4位、野々市市が5位という結果が示すように、金沢市周辺はとても住みやすい環境が整っています。

人口もどんどんと増えていて、一部の小学校では一学年のクラス数が5クラスある小学校もあります。

 

特に海側環状線の周辺の宅地の開発が活発です。

これは、県庁の移転に伴って開発が進んでいます。

金沢海みらい図書館やアピタベイイオンタウンなど生活には欠かせない施設がドンドンとできています。

最近では、石川県立中央病院が全面改築できれいになりましたね。

金沢駅前の開発が進む

金沢市民だけでなく、北陸地方に住む人を驚かせたニュースがコチラ

 

ハイアットとオリックス、金沢駅前に2ブランドのホテルを2020年6月開業

 

グランドハイアットとは東京や都市部にある高級ホテルです。

最高級のスイートルームは2名で一泊50万円以上します。

今までは、金沢のホテルと言えばアパホテルか都ホテルでしたが、とうとう本物の高級ホテルが金沢に上陸します。

場所は、金沢駅西口の時計台駐車場です。

金沢駅を出てすぐに、高級ホテルのグランドハイアットが2020年に完成します。

 

 

それと同じタイミングで、金沢駅西エリアに高層マンションが競うように建築されています。

全国展開しているタカラレーベンが供給するレーベン金沢

大和ハウスが供給するプレミスト金沢駅西本町

 

その他にも金沢駅西エリアに数多くの施設が移転しています。

NHK金沢放送局の移転やJR西日本社宅跡地の開発などこれから目覚ましい開発が始まります。

コチラのサイトで詳しくまとめているので、参考にして下さい。→【大特集】金沢の開発・再開発 2018



不動産営業のサラリーマンの年収の決まり方

金沢エリアが急速に発展しているということがわかったと思います。

ここで、不動産営業を行っているサラリーマンの年収の決まり方についてご紹介します。

 

不動産営業には賃貸仲介と売買仲介の2種類がある

不動産営業には大きく分けて2種類の営業があります。

それは賃貸と売買です。

 

賃貸はアパートや貸家などのように毎月家賃がかかる不動産を仲介する営業です。

クラスコなどの窓口に行くと、車に乗って物件を案内してくれますよね?

あの営業をイメージして下さい。

 

一方で不動産の売買は、不動産を買いたい人と売りたい人をつなげる仕事です。

新しく家を建てるとか戸建てを買うとか、マンションを建てるという人に対して、不動産を売ることが仕事です。

不動産の売買になると取り扱う金額は1000万円から億を超える時もあります。

不動産業界では、売買が成立した時に仲介業者が得られる報酬は成約価格の3%+6万円と宅地建物取引業法で決まっています。

 

たったこれだけ?

と思うかもしれませんが、取り扱う金額が大きいので手数料が大きくなります。

仮に1億円の不動産の売買を仲介すれば、306万円の報酬を得ることができます。

金沢で大きく稼げるのは不動産の売買

金沢では需要が供給を上回っていると話しましたが、この需要とは不動産を買いたいという需要です。

 

北陸地方では持ち家率が高く、30代になれば住宅の購入を検討する人が多いです。

「住みよさランキング」上位の野々市市では既に販売する土地がなくなってきていて、あれば即日完売のような状態です。

 

同じように、金沢駅周辺の開発に伴って、不動産購入を考える人が増えています。

 

金沢駅周辺は坪単価が高いにも関わらず、飛ぶように売れているという現象が起こっているのです。

 

6000万円を超えるマンションが飛ぶようにです!

北陸の人であれば6000万円を払ってマンションを買うより、一戸建てを買ったほうが良いと思いますよね?

一体誰が買っているのか?

 

実はここだけの話、金沢のマンションを購入しているのは東京の人という噂があります。

東京のお金持ちが金沢の不動産価格の上昇を期待して、投資目的で購入しているという話もあります。

 

お金はあるとことにはあるようです。

不動産の営業マンはボーナスがヤバイ

不動産売買の契約を決めることが出来ると、その社員にはボーナスにインセンティブが加わります。

インセンティブは仲介手数料の5%から10%と言われています。

例えば1億円の物件を契約すれば、仲介手数料が306万円です。

この仲介手数料である306万円のうち10%である30万円がボーナスに上乗せされます。

 

1億円の物件の売買なんて果てしなく難しいと思うかもしれませんよね。

金沢では戸建てを立てる時の土地の価格は1200万円〜2000万です。

家を建てようと考えている人5人の不動産売買の仲介を行えば、達成できる数字です。

現在、金沢では家を建てたくても、土地がなくて建てられないという人がたくさんいます。

土地を買いたい人にうまく接触して、土地を提供できれば契約もできそうですよね。

 

 

また、ホテルや会社の移転などになれば、その規模はとても大きくなります。
土地の取得費用で10億円ということも考えられます。
10億円の不動産売買の仲介手数料は3006万円です。
そのうちの10%は300万円です。

まぁ、これほど大きな土地になるとチームでプロジェクトを組む必要がありますが、夢がありますよね。

不動産営業であれば年収1000万円も可能

不動産営業と聞くと、転職希望者には嫌われる業界です。

ノルマがきつかったり、人を騙して土地を買わせたりといろんなウワサがあります。

そもそも、不動産という高額な商品は基本的には売れません。

 

 

しかし、今の金沢では、高額な不動産が飛ぶように売れています。

だって、値上がりするので今買ったほうが安いと考えているからです。

 

そんなタイミングで不動産業界に転職するのもアリではないでしょうか?

不動産業界は何十年も勤められるという世界ではなく、短い期間でたくさん稼ぐという働き方です。

金沢の不動産バブルが継続している今、3年と期限を決めて働くのも面白いかもしれません。

関連記事



石川県で稼ぐなら不動産営業に転職。金沢で不動産がバカ売れ状態

初めての転職活動の不安を取り除く方法


初めて転職する時って不安だらけですよね?転職活動は最初に何をすればいいのか?ホワイト企業の見つけ方?初めて転職活動をするなら【リクナビNEXT】を活用しましょう!

【リクナビNEXT】は業界最大手転職サイトなので転職ノウハウが豊富で求人数も圧倒的!あなたのことを高く評価してくれる会社がきっと見つかるはずです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください