【副業】会社を辞めるか悩む?転職するよりも副業をしろ!




仕事が面白くない、職場の人間関係が嫌だ、給料が安いなど、仕事をしていると会社をやめて転職したくなる気持ちが出てくるのはよくあることだ。
実際に、私は30代後半にして、転職は4度ほどしてきた。

そこで気がついたことだが、転職をしても基本的な悩みは解決できない。会社をやめたいという気持ちは常に持ち続けてしまう。ということ。会社を辞めて転職しようと思ったら副業をしたほうが100倍もいいという真理にたどり着いたので、その説明をしていきたい。

転職しても悩みは解決できない

  • 仕事が面白くない。
  • 人間関係がいや
  • 給料が安い

このあたりは、私が転職コンサルタントとして仕事をしていたときに、転職希望者から聞いた転職をしようと思ったキッカケの大半だ。これらは、サラリーマンが潜在的に持つ、基本的な悩みだ。しかし、転職をしてもこれらの悩みは解決はできない。その理由を説明しよう。

サラリーマンは仕事を選べない

サラリーマンは会社から雇われているわけなので、自分で仕事を選ぶことができない。仕事は会社が決めるので、それを言われるがままに行う必要がある。自分で仕事を選べないので、好きな仕事も嫌いな仕事もすべて行う必要があるので、仕事が面白くなくなる。

どこにいても相性の悪い人間は必ず存在する

小学校から社会人になるまで、いろんなコミュニティーに所属して生きてきたが、周りの全員がいいヤツだったという人生はおそらくないだろう。クラスに一人は嫌いなやつや苦手なやつはいただろう。職場も同じでどこに転職しても一人は必ず相性の合わない人間はいる。

サラリーマンの給料は上がらない仕組みになっている

サラリーマンの給料は会社から支給されるので、自分で決めることができない。どんなに難しい仕事をしても毎月の給料は決まっている。給料をたくさんもらおうとすれば、出世するか残業するかの二択になってしまう。

さらにサラリーマンは税金面で最弱の部類になっている。最大の理由は経費が使えないことだ。会社からの給料に対して課税されるので、給料が上がれば上がるほど税率も高くなる。故に手取り額が少なくなるのである。

そのかわり、サラリーマンは毎月決まった金額が必ず振り込まれるという最大のメリットが存在する。仕事をサボっていても給料が先月の半分ということは決してない。

副業の収入は人生を安定させる

副業をすることで会社以外の収入を得ることができるようになる。会社からは毎月決まった給料が振り込まれるので、それに加えて副収入があれば人生を豊かにするきっかけになる。

副業で得た収入を趣味に使ってもいいし、投資に使ってもいい。なによりも会社以外からの収入があるというのは大きな心の安定をもたらしてくれる。

転職したくなったら副業を頑張れ

いま転職しようかどうか悩んでいる人は、転職活動よりも副業に挑戦すべきだ。転職してもしなくても、今の悩みはずっと続くことは明らかだからだ。取り除くことができない悩みであれば、他の方法で解決するしかない。

副業は会社と違って、頑張ったらその分だけ収入として返ってくる。つまり、頑張る理由が出てくるのだ。さらに副業を頑張ることで、自分のスキルアップにもつながる。

これから転職をしようと考えている場合は、副業についても考えてみてほしい。

 

関連記事




初めての転職活動の不安を取り除く方法


初めて転職する時って不安だらけですよね?転職活動は最初に何をすればいいのか?ホワイト企業の見つけ方?初めて転職活動をするなら【リクナビNEXT】を活用しましょう!

【リクナビNEXT】は業界最大手転職サイトなので転職ノウハウが豊富で求人数も圧倒的!あなたのことを高く評価してくれる会社がきっと見つかるはずです。