会社を辞めたい36歳の妻子持ち会社員が現状を我慢するための方法




会社なんて辞めてやる!

と、思っているサラリーマンは何千万人といるはずです。

しかし、やめたいと思ってもやめられない状況にいる人もいますね。

例えば、妻子持ちや住宅ローンがある場合がそうです。

じゃあ、辞められないといって定年まで我慢し続けるのかと問われるとそれも違います。どうやったらサラリーマンを辞められるかを考えていきたいと思います。

サラリーマンを辞められない理由

サラリーマンがサラリーマンを辞められない最大の理由は給料です。

サラリーマンの最大の強みは、毎月決まった給料が決まった日に入金されることです。

しかもこれは出社日数に関係ありません。正月やゴールデンウィークのように休みが多い月でも変わらず支給されます。

自営業者やフリーランスの場合は、毎月の売上によって給料が左右されるので、たくさん稼げる月もあれば、稼げない月もでてきます。

つまりサラリーマンは安定した給料があるので人生設計を立てやすいというメリットがあるのです。

この安定感がサラリーマンがサラリーマンを辞められない理由です。

会社員が会社をやめたくなる理由

サラリーマンとして働く会社員が会社をやめたくなる理由は自由のなさです。

サラリーマンは超絶安定した立場であることの代償として自分の自由を提供しています。そのため、毎日決まった時間に出社する必要があるし、会社の命令による仕事しかできません。

  • 自分の好きな時間に出社して好きな時間に帰れない
  • 自分の好きな仕事だけしたい
  • 稼いだら稼いだだけ給料がほしい

このように自分の希望があっても会社員は認められません。

自分の行動に制限がかかってしまうので、この制限をストレスに感じているなら会社をやめたくなる気持ちが出てきます。

一方で、行動の制限があったほうが心地よい。と感じる人もいますが、このようなタイプの場合、会社員をやめたいとはおもわないでしょう。

どうすれば社畜を続けることに我慢できるのか?

サラリーマンという言葉からとうとう社畜になってきました笑

いきなり会社員をやめる!サラリーマンなんて卒業だ!としてしまうと、かなりハードルが高いし現実味はありません。

まずは会社員として働くことへのストレスを少しでも減らして、「サラリーマンでもまあいいんじゃないか?」と思えるようになるための方法を考えます。

社畜でも我慢できるようになるための方法は、自分のやりたい仕事をすること!

あなたは今の仕事を楽しんでいないから、会社をやめたくなるのです。
やりたい仕事だったり、没頭できる仕事であれば会社をやめようとは思わないはずです。

実際世の中にやりたい仕事をできている人はそうそう多くはないと思います。

 

関連記事




初めての転職活動の不安を取り除く方法


初めて転職する時って不安だらけですよね?転職活動は最初に何をすればいいのか?ホワイト企業の見つけ方?初めて転職活動をするなら【リクナビNEXT】を活用しましょう!

【リクナビNEXT】は業界最大手転職サイトなので転職ノウハウが豊富で求人数も圧倒的!あなたのことを高く評価してくれる会社がきっと見つかるはずです。