35歳が転職したあとに最初に会社でするべきこと

35歳が転職したあとに最初に会社でするべきこと




35歳は転職ギリギリの年齢と言われています。
そんな中、35歳を過ぎても無事に転職している人もいます。

長く働くための環境を整える

35歳を過ぎて転職をしたあなたがもう一度転職活動をすることはおそらくありません。
よっぽど転職した会社がブラックではない限りは今の会社で働き続けたほうが結果としては幸せになる可能性が高いです。

35歳を過ぎて転職をしたあなたは今の会社で長く働くための環境を作ることが必要です。転職した今の会社で長く働くことを意識しましょう。

職場の人の名前と顔を早く覚える

まずは毎日一緒に働く職場の人の名前を顔を一致させましょう。
自分の働くグループや課、部の人の名前は一週間以内に覚えるようにしましょう。

覚えるコツは、名前を意識的に呼ぶことです。名前を口にだすことで覚えやすくなります。
おすすめは朝の挨拶のときに、「おはようございます」と声をかけるのではなく「山田さん、おはようございます」と名前をつけて呼ぶとすぐに覚えられます。
名前を呼ばれた方もいい気持ちになります。

35歳を超えると物覚えも衰えてきます。頑張って早く覚えましょう。

会社のルールや文化を身につける

それぞれの会社には独自の文化やルールがあります。

ラジオ体操や各種書類の申請方法、独自の社内用語があったりさまざまです。
そういった会社に脈々と受け継がれている文化を学ぶことで、その会社の雰囲気を早く理解することができます。

35歳を超えると新しい文化に馴染むことは難しくなってきます。
新しいルールを理解するぞ!と意識的に考えると理解が進みます。

社内の地図を覚える

新しい会社に入社すると右も左もわからない状態ですよね。
トイレの場所もわからないし、食堂や会議室の位置もわからない。
入社から一ヶ月くらいは人事部からの呼び出しなどもあります。
「会議室はどこですか?」と周りの人に毎回聞くのもいいですが、キョロキョロとして挙動不審に見えてしまいます。

会社のどこになにがあるのかを早めに理解しましょう。

もちろんコピー機やシュレッダー、消耗品の位置など日々の業務で使うものの位置も早めに覚えましょう

まとめ

なにはともあれ、35歳以上で転職した場合は転職した会社で長く働くことために役に立つことを考えてください。

35歳は転職限界説とも世の中ではいわれているので、今後の転職活動は茨に道であることを覚悟してください。
そう言った理由であなたは今の会社で長く働くことを考えるのが得策。

転職したての会社は右も左もわからないので覚えることも多いでしょう。
まずは人と会社の仕組みをしっかりと理解しましょう。

その中でも人の顔と名前を覚えることはいちばん大切です。

名前を覚えることができれば、会話も生まれてあなたの存在を知ってもらうことができます。
コミュニケーションも増えて働くことも楽しくなります。

新しい会社にしっかりと受け入れられて長く働きましょう!

関連記事



35歳が転職したあとに最初に会社でするべきこと

企業からスカウトされる方法


求人企業からヘッドハントされて転職する人がいますが、ヘッドハンターはどうやってスカウトしているのでしょうか?

最新の手法はビズリーチのダイレクト・リクルーティングです。ビズリーチを使えば、あなたにもスカウトがやってくる可能性があります。