書類選考が通らない?転職の書類選考で重要な3つのチェックポイント




転職活動をしている方にとって避けては通れないハードルが書類選考です。

書類選考に必要な書類は、履歴書と職務経歴書です。

職種によっては、スキルチェックシートやポートフォリオが必要になる場合もあります。

どんなにその企業への入社意欲があったとしても、書類選考を通らなければ、面接にも臨むことはできません。

そこで疑問になってくるのが、書類選考では何をチェックされているのでしょうかということ。人事部が書類選考のときに履歴書をチェックするポイントをご紹介します。

人事部は書類選考の時にチェックする3つのポイント

その前に。履歴書は左側しか見ません。

これが一般的な履歴書のイメージではないでしょうか。人事部は履歴書全ての項目をチェックしません。ハッキリ言うと、履歴書の左半分しか見ません。左半分には、氏名や写真、生年月日や職務経歴が書いてあります。一方、右半分には資格や趣味や特技が書いてあります。

人事部がチェックするポイントは履歴書の左半分に集約されます。

チェックポイント1。年齢をチェック

1つ目のチェックポイントは年齢です。企業の採用予定によっては、採用ポジションや担当する仕事が理由で中途採用者の年齢に上限を決めている場合もあります。

まずは、応募者の年齢をチェックし、制限にかかっていないかどうかを判断します。

中途採用では多くの企業は、将来を担うポテンシャルのある人間を採用したいと考えています。そのため、企業が20代、30代の比較的若い年齢を求めるのもそのためです。「転職35歳限界説」といのは、あながち間違ってはいません。

チェックポイント2。学歴をチェック

2つ目のチェックポイントは学歴です。内容は、最終学歴と出身校です。

会社によっては、最終学歴が大卒以上しか採用しないところも少なくありません。これは、企業の新卒採用が影響します。新卒採用で入社する社員に対して、大卒以上を要件としていた場合、中途採用でも同様に大卒以上を求めます。

また、出身校も書類選考で大きな影響を与えます。大卒であっても、優秀大学とFラン大学であればもちろん評価も違ってきます。北陸地方であれば、金沢大学と富山大学を卒業していれば、学歴フィルターに引っかかることはありません。

チェックポイント3。職務経歴をチェック

3つ目のチェックポイントは職務経歴です。

最も嫌われる職務経歴は、職を転々としていること。長続きがしない、何か人間的に問題がある、採用してもあまり続かないというマイナスのイメージがどうしても出てきます。30代で経験者数5社以上の方は要注意と思って下さい。

一方、好まれるのが転職経験がない職務経歴です。日本はまだまだ「転職=悪」という図式が強く残っています。中途採用の書類選考でも、当たり前のその図式がなりたつので、転職回数が少ないほうが好印象です。

まとめ。

いかがでしたか。書類選考チェックされる重要な3つのチェックポイントをご紹介しました。これらをまとめると、書類選考が通りやすい履歴書は以下のとおりです。

  1. 年齢が30代以下であること
  2. 学歴が、金沢大学・富山大学以上の大学を卒業していること
  3. 転職経験がないこと

この要件を満たせば、転職活動では非常に高い確率で書類選考を通過します。

関連記事




初めての転職活動の不安を取り除く方法


初めて転職する時って不安だらけですよね?転職活動は最初に何をすればいいのか?ホワイト企業の見つけ方?初めて転職活動をするなら【リクナビNEXT】を活用しましょう!

【リクナビNEXT】は業界最大手転職サイトなので転職ノウハウが豊富で求人数も圧倒的!あなたのことを高く評価してくれる会社がきっと見つかるはずです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください