五月病とは?新入社員が五月病にならないためのゴールデンウィークの過ごし方




入社式が終わって早くも1ヶ月が経ちます。新入社員の方は、学生気分も抜けてようやく仕事に慣れてきたのではないでしょうか?

社会人生活に慣れてきた頃にやってくるのがゴールデンウィークという魔物です。気を抜くと期間にすっかり魂を抜かれ仕事に身が入らない「五月病」になってしまいます。

新入社員が五月病にならないように、発病する原因と症状、対策をご紹介します。

五月病とは?

五月病

五月病(ごがつびょう)とは、新人社員や大学の新入生や社会人などに見られる、新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の総称である。

五月病−wikipedia

4月から新年度になり、新しい環境での生活が始まります。そこで、上手く馴染めなかったり環境に馴染もうと頑張って1っヶ月奮闘した結果、息切れを起こしてしまうようです。

ちなみに「五月病」という病名はありません。

五月病になる原因

主な原因は「ストレス」です。

新年度は新しい環境になり、新しい刺激を受けることになります。新しい場所だったり、新しい人間関係だったり、新しい生活スタイルだったりそれは人それぞれです。

そのような新しいものがまとまってくると、なんとかその環境に適応しようと変化します。その時に、人間は大きなストレスを受けるようです。

特に新入社員は学生から社会人になり、環境が大きく変わりますね。規則正しい生活や通勤経路、新しい人間関係や毎日の業務も新しいことばかりで覚えることが多いです。それが知らず知らずのうちにストレスになっているようです。

そんな時に、ゴールデンウィークという連休が始まります。いままで緊張しながら過ごしてきた毎日に突然長期のお休みがやってくることで、緊張の糸がプツリと切れてしまい無気力になります。今までの精神的疲れが一気に出てきます。このような原因で五月病になります。

五月病の症状

五月病の主な症状

抑うつ、無気力、不安感、焦りなどが特徴的な症状である。主訴には、不眠、疲労感、食欲不振、やる気が出ない、人との関わりが億劫などが多い。

五月病の主な症状−wikipedia

無気力」という状態です。五月病になると積極性がなくなり、気分がすっかり落ち込んでしまいます。

五月病の対策

対策としては、ストレスの発散と解消です。

ゴールデンウィークの連休のうちにストレスを発散することができれば、五月病を防ぐことが出来ます。さらには、仕事へのやる気が高まり、連休後によいスタートを着ることが出来ます。

おすすめのストレス発散方法

  • 運動をする。
  • 美味しいものを食べる。
  • 友人と遊ぶ。
  • 散歩に出かける。
  • 好きな本をよむ。
  • 好きな映画を観る。
  • 旅行へ行く。
  • 一日中ダラダラと過ごす。

仕事をしているときにはできなかった贅沢な時間の使い方をすることが、ストレス発散の方法です。

まとめ

いかがでしたか?「五月病」について理解頂けたでしょうか?

新年度になると、大きな環境の変化があります。特に新入社員の場合は、人生で一番大きな変化だと思います。五月病は誰でもなる可能性のある「ココロの疲れ」です。

ストレスと上手く付き合うことが大切です。

五月病の原因や対策がわかっていれば、あらかじめ対処することができます。こまめにストレスを発散して、楽しいゴールデンウィークを過ごしましょう!

関連記事




初めての転職活動の不安を取り除く方法


初めて転職する時って不安だらけですよね?転職活動は最初に何をすればいいのか?ホワイト企業の見つけ方?初めて転職活動をするなら【リクナビNEXT】を活用しましょう!

【リクナビNEXT】は業界最大手転職サイトなので転職ノウハウが豊富で求人数も圧倒的!あなたのことを高く評価してくれる会社がきっと見つかるはずです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください