主婦の仕事探しでよく聞く103万円の壁と130万円の壁の正体とは?




子育てが一段落してくると仕事探しをする主婦の方もいると思います。そこで、よく聞く言葉に「103万円の壁」「130万円の壁」があります。収入が103万円、130万円を超えてくると税金に大きな違いが出てくるらしいけど、その正体がよくわからない。

そこで、主婦の方がよく聞く二つの壁の正体についてご説明します。

103万円の壁と130万円の壁の正体は「配偶者控除」だった。

妻の収入が103万円以下だと配偶者控除を受けることが出来る。

配偶者控除が適用されると、所得から38万円の控除を受けることができ、所得税が安くなります。配偶者控除を受けるためには、控除の対象となる配偶者がその年の年末の時点で、以下の条件すべてにあてはまらなくてはなりません。

  1. 民法の規定による配偶者であること。
  2. 納税者と生計を共にしていること。
  3. 給与収入が103万円以下であること(収入が給与のみの場合)。
  4. 年間の合計所得金額が38万円以下であること。
  5. 青色申告者の事業専従者として給与の支払いを受けていないこと。または白色申告者の事業専従者でないこと。

出典:国税庁HP

妻の年収が103万円以下であれば、夫は「配偶者控除38万円」という税金の控除を受けることができ、税金が安くなります。妻の年収が103万円を超えると配偶者控除が受けられなくなり、税金が高くなります。

この配偶者控除のおかげで夫は年間で38,000円〜76,000円の節税が出来ます。これを月間に換算すると3,200円〜6,300円と、子育て世代にとって大きな金額になります。

103万円の壁(配偶者控除・所得税のかからない範囲)

まず給与の支払いを受けている人には、「給与所得控除」として65万円の控除ができます。つまり、年間の給与収入が65万円以下の人は、所得が0円としてみなされ、税金を支払う必要はありません。

次に、全ての納税者は38万円の「基礎控除」を受けることが出来ます。

従って、「給与所得控除」の65万円と「基礎控除」の38万円の合計控除金額が103万円となります。これによって、103万円までは税金(所得税)が掛かってきません。

妻の収入が103万円以下であれば、夫は配偶者控除を受けることができ、妻も所得税を支払う必要がその分世帯の手取りが増えます。妻の所得税の金額はそこまで高くないので、大きく影響してくるのは夫の税金となります。

これが、103万円の壁と言われる所以です。

130万円の壁(社会保険)

次に聞く壁としては「130万円の壁」です。130万円の壁とは社会保険(健康保険・厚生年金)の扶養に関する基準のことです。つまり、夫の保険に一緒に入れるかどうかに影響してきます。

妻の年収が130万円未満であれば、夫の社会保険に入れるため妻の負担はありません。一方、年収が130万円を超えると妻が自分で社会保険料を払う必要が出てきます。

しかし、厳密には社会保険の加入には条件があります。

  1. 1週間あたりのの勤務時間が正社員の4分の3以上
  2. 1か月あたりの勤務日数が正社員の4分の3以上

上記に該当する場合のみが社会保険の対象になります。

まとめ

主婦が働く時によく聞く言葉である「103万円の壁」と「130万円の壁」について紹介してきました。「103万円の壁」の正体とは夫に適用される「配偶者控除」であることがわかりました。

難しい税金の話ですが、しっかりと理解して限られた時間の中で効率的に働くようにしましょう

関連記事




初めての転職活動の不安を取り除く方法


初めて転職する時って不安だらけですよね?転職活動は最初に何をすればいいのか?ホワイト企業の見つけ方?初めて転職活動をするなら【リクナビNEXT】を活用しましょう!

【リクナビNEXT】は業界最大手転職サイトなので転職ノウハウが豊富で求人数も圧倒的!あなたのことを高く評価してくれる会社がきっと見つかるはずです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください